金澤婚

KANAZAWA-KON

スタッフブログ

つば甚婚礼部スタッフブログ

和の儀式 水あわせ

2016年8月8日|

カテゴリー:

日本の古式ゆかしき儀式を取り入れたい方におすすめの和の演出をご紹介いたします。

 

「合わせ水の儀」。

 

 

朝一番で汲んできた両家の水を、ひとつの杯に注ぎ合わせて、新婦様に飲んでいただきます。

 

合わせ水の儀には、「お互いの育った土地を受け入れ、嫁ぎ先の家庭に馴染む」という意味があります。

 

 

それぞれの家風の違いを乗り越えて一つとなり、新たな家庭を築いていけるように願いを込めます。

 

また「新婦の実家には戻らない」という決意を表して、新婦様が飲んでいただいた後、杯は割ります。

 

つば甚の玄関にてしていただくこともできます。
プランナーにご相談くださいませ。

料亭婚でドレスも素敵です★

2016年7月31日|

カテゴリー:

「料亭の披露宴で、ドレスも着れますか?」とよく質問されます。

 

和装はもちろん映えますが、ドレスも素敵です。

 

ケーキ入刀やお席周りの時など、和の建築にドレス姿もおしゃれですね。

着物のチェンジ 打掛から引振袖へ

2016年5月18日|

カテゴリー:

打掛も引振袖も着たい花嫁さまへ

 

引振袖を掛下のようにし、上に色打掛を重ねて着ることで、お色直しを簡単にすることができます。
時間をかけることなく素早くチェンジができるので、注目のスタイルです。

 

掛下として、引振袖を着ています。
胸もとや裾から、引振袖が少し見えます。色のバランスを考えて、そしてコーディネートを楽しんで選んでください。

 

引振袖へチェンジ

帯や箱せこ・懐剣などの小物を変えてみると、さらに打掛の時と違うイメージになります。

 

 

 

 

和装が充実した衣装店の紹介も承ります。
是非プランナーにお問い合わせくださいませ。

着物のチェンジ 和装の着こなし

2016年5月14日|

カテゴリー:

挙式当日、2種類以上の着物を着こなしたい・・・
本日からは、着物のお色直し・着こなしをご紹介します。

 

 

<白無垢から 打掛へ>

 

白無垢は、凛とした純白の装い
小物に至るまで、すべてを白で統一した白無垢は、厳かな神前式にもっともふさわしい装いといえます。

 

 

白無垢と同じ掛下のまま、色打掛を羽織ることを、掛替といいます。

 

チェンジ時間が短く、印象を華やかに、かえることができます。
白無垢も色打掛も、日本の伝統的な花嫁の美しさです。

色打掛は、格調が高く 華やかなスタイル。

重厚感のある装いです。

 

 

和装が充実した衣装店の紹介もしております。
是非プランナーにお問い合わせくださいませ。