金澤婚

KANAZAWA-KON

スタッフブログ

つば甚婚礼部スタッフブログ

最近の記事

昨日に引き続き、つば甚オリジナルの和の人前式をご紹介します。

本日は「祝言式(しゅうげんしき)」です。

 

人前式のルーツは江戸時代の庶民の結婚式として行われた「祝言」が元になっていると言われています。
江戸時代から明治、大正、昭和初期へと時代は変わっても、庶民の結婚式は「祝言」のスタイルで行われていました。

人前式は、新郎新婦様にとってこれまでお世話になってきた大切なご家族や参列の皆様に、お二人の結婚を承認して頂き成立する挙式です。二人の結婚を心から祝福してくださる方の前で誓いをたてます。

 

祝言式の特徴は、当店に古くから伝わるお道具、「三ッ組」にて御酒を飲み交わす儀式を行うところ。
新郎様→新婦様→新郎家ご家族→新婦家ご家族と順番に結び歩くので、「両家が結ばれる」という意味があります。

 

 

 

また三ッ組は鶴の柄になっており、1番上と1番下は、鶴が首を後ろにまわし、「結婚を申し込む・プロポーズを受ける」ポーズなので、夫婦・新郎新婦を表します。
真ん中は鶴が羽を広げ、「見守っている・お祝い」のポーズなので、親御様を含めご列席の皆様を表す柄です。

祝言式をアレンジして、お抹茶を使うオリジナル「茶婚式」も可能です。

 

是非プランナーにお問い合わせくださいませ。