金澤婚

KANAZAWA-KON

スタッフブログ

つば甚婚礼部スタッフブログ

最近の記事

新しい引出物をご紹介いたします。
桐(きり)をつかった、トレーや銘々皿、コースターです。

岩本清商店さんは、金沢市瓢箪町にて1913年(大正2年)に創業。
桐火鉢・桐工芸品を作りつづけていらっしゃいます。
 
金沢桐工芸は、加賀百万石の伝統文化が今も息づく城下町・金沢が生んだ全国に類を見ない独自の伝統工芸です。
雪国なればこその良質の桐材と、ろくろ木地師の技、そして加賀蒔絵の伝統が、金沢桐工芸の基礎を作り上げました。
古くは江戸から昭和初期まで、暖房の実用調度として多くの利点を持っていた桐火鉢より発祥しています。1988年1月21日、石川県指定伝統工芸品に認定されました。
(岩本清商店さんホームページを引用させていただきました。)

 

桐工芸は、その独特の風合いが素敵です。

 

蒔絵入りもかわいいです。

 

 

新郎新婦様オリジナルの焼印を入れることもできますので、ご相談ください。

 

つば甚にサンプルも到着しておりますので、ご覧になりたい方はプランナーまでお問い合わせくださいませ。

岩本さんのホームページもご覧ください。

http://www.kirikougei.com/index.php