金澤婚

KANAZAWA-KON

スタッフブログ

つば甚婚礼部スタッフブログ

最近の記事

願いをこめる・短冊の器

2013年9月24日|

カテゴリー:

能登沖の季節の海の幸・お造りをご紹介します。
ご婚礼の際はおめでたい器でお出ししています。

めずらしい縦長の器です。
お祝いの器で、願いをこめる短冊の形です。

松が描かれていますが、上に「老松」・下に「若松」となっております。
目上の方をうやまって歩んでいけば、これからのお二人の生活が末永く幸せに、うまくいきますという意味がございます。そして松葉はいかなる時も一緒・一対です。おめでたい席にはかかせません。

 

またつば甚では趣あるしつらいの中で時間と空間をゆっくりと楽しんでいただけるよう、盛りつけなどのあしらいにも技巧を凝らしております。

 

 

お写真はかつらむきです。

薄く、長く・・・板前の腕の見せ所!

 

 

薄くした後に、千切りにして針野菜にします。お写真では隠れてしまっていますが、お造りの剣(けん)や妻(つま)になります。

いつも黙々と、つば甚の味をつくっています。そして食材にも人にも思いやりがある優しい板前さんたちです。